読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シアトルコンサルティング サービス開発ブログ

シアトルコンサルティング株式会社プロダクトソリューション事業部の開発ブログです

タイトル画像をCoffeeScript+Async.jsでつくろう

satkakuです。このたび、シアトルコンサルティング サービス開発ブログをスタートさせました。

このブログは、シアトルコンサルティング株式会社Webサービス事業部で開発しているサービスの紹介や、使用技術の紹介などを中心にお送りしていく予定です。

と言いつつ、第一回目から早速それますが、ブログを始めたからにはトップ画像を作らないといけません。開発ブログである以上、やはりコードが主体なのがいいでしょう。ついでに言えば、書いたコードをかっこいい画像に変換してくれるサービスInstacodeを使いたいところです。

そこで今回はInstacodeでかっこよく画像を作るためのコードを書きたいと思います。別にコードがかっこいいわけではありませんし、掲題のようにタイトル画像を生成するようなコードを書くわけでもありません。

async.waterfall([
    (next)->
        client.incr('seattlewebservice', next)

    ,(res, next)->
        serviceID = res
        client.hmset('seattlewebservice:'+serviceID, {
            serviceID: serviceID
            name: service.name
            description: service.description
        }, next)

    ,(res, next)->
        done(null, res)

], (err)->
    done(err)
)

Redisを使用してHashに入れる際は、incrしつつ、その結果をHashのキーとすることがよくあります。が、そのまま書くと、incrの結果を受けてからになるのでネストが深く深くなってしまい、みんながイライラしてしまいます。大変です。

そこでAsync.jsを使用してフロー制御をします。今回は、一個前の処理の結果を使う必要があるので、waterfallを使用します。基本的には、非同期で実行したい処理のコールバックに、引数で渡された関数を渡していくだけですが、一点だけ注意することが。この引数で渡されたコールバック(ここではnext)を直接呼び出す場合

next(null, res)

next(err, [results]) というシグネチャになっているので、正常系では、明示的にnullを書く必要があるということです。


ということで、コードが出来たので、さくっとInstacodeで画像に変換します。

先ほどのコードは意味の無いコードなので、動かすこともしません。