読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シアトルコンサルティング サービス開発ブログ

シアトルコンサルティング株式会社プロダクトソリューション事業部の開発ブログです

Node.jsに触れる

初めまして。
今年の4月にWebサービス事業部に所属しました、新卒のiijmyaです。
まだ現場に入ったばかりの新米SEなため、日々初めて触れる技術やツールとの出会いがあり、うきうきしています。

今回は、先日私が出会った「Node.js」についてご紹介したいと思います。


1.Node.jsとは?

Node.jsとは、イベント駆動・ノンブロッキングI/Oモデルが特徴である、サーバーサイドJavaScriptのプラットフォームの一つです。


2.Node.jsのインストール

それでは早速、Node.jsをインストールしてみましょう。

nvmのインストール

 nvm*1のインストールにはGit*2を利用します。
 以下のコマンドをターミナルで実行し、nvmをインストールします。

$ git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
nvmコマンドの有効化

 以下のコマンドを実行することにより、nvmコマンドが使えるようになります。

$ source ~/.nvm/nvm.sh
$ nvm version
   v0.10.1
Node.jsのバージョンをインストール

 今回はバージョンv0.10.1のNode.jsをインストールします。以下のコマンドを実行します。

$ nvm install v0.10.1
$ nvm use v0.10.1

「nvm ls」コマンドにより、nvmでインストールされたバージョンの一覧を確認することが出来ます。

$ nvm ls
   v0.10.1
current: 	v0.10.1

currentは現在使用しているバージョンです。
このバージョンをデフォルトのバージョンとして設定します。

$ nvm alias default v0.10.1
default -> v0.10.1
$ nvm ls
   v0.10.1
current: 	v0.10.1
default -> v0.10.1
Node.jsの確認

 以下のコマンドを実行し、Node.jsがインストールされていることを確認します。

$ node -v
v0.10.1


以上でNode.jsのインストールは終了です。
是非読者の方もNode.jsを活用し、アプリケーションを作ってみてください!

*1:NVM(Node Version Manager)…Node.jsのバージョン管理システム

*2:Git…オープンソースの分散型バージョン管理システム