読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シアトルコンサルティング サービス開発ブログ

シアトルコンサルティング株式会社プロダクトソリューション事業部の開発ブログです

Redisに触れる

こんにちは iijmyaです。
今回はNoSQLの一種であるRedisの、MacOS Xへのインストール方法についてご紹介します。


1.Redisのインストール
 それでは早速、Homebrew*1を利用し、Redisをインストールしましょう。
 ターミナル上で以下のコマンドを実行します。

$ brew install redis

 インストールが終わったら、以下の場所にredis.confが生成されているか確認します。

/usr/local/etc/redis.conf

 次に以下のコマンドを実行し、logsディレクトリを生成しておきます。
 ここでlogsディレクトリを生成しておかないと、エラーになってしまいます。(ログディレクトリの場所はredis.conf内に記述されています)

$ mkdir -m 755 ~/logs


2.Redisの動作確認
 次に、Redisがインストールされ、正常に動作するか確認しましょう。
 以下のコマンドを実行し、サーバを起動します。

$ redis-server /usr/local/etc/redis.conf

 次にRedisを操作します。
 setコマンドで値をセットし、getコマンドでセットした値を取り出してみます。

$ redis-cli

redis 127.0.0.1:6379> set test 1
OK
redis 127.0.0.1:6379> get test
"1"

 上記のように動作したら、インストールはOKです!

*1:Homebrew…パッケージ管理システム